試験会場日本語教育能力検定は、公益財団法人日本国際教育支援協会が主催しているもので、受験資格に制限等ありません。検定内容には三種類の試験があります、「試験Ⅰ」では、日本語教育の実践につながる基礎的な知識を測定します。「試験Ⅱ」では、音声を媒体とした出題形式により、基礎的知識と基礎的な問題解決能力について測定します。「試験Ⅲ」では、熟練した日本語教員の現場対応能力につながる、基礎的問題解決能力を測定します。講座について日本語教育能力検定対応の講座には通学と通信の2種類があります。通学の場合のメリットとしては、カリキュラムがあらかじめ設定されているので、自分で勉強計画を立てる必要が無い事、全範囲を網羅した勉強が出来る事、解らない内容について講師に質問できる事などがあります。逆にデメリットとしては、受講料が高い、通学時間が長い、自分のペースで学習を進めていけない事などがあります。通信の場合は、通学時間が少なく、自分のペースで勉強できるなどのメリットがありますが、どうしても一人での勉強になる為、モチベー...
教室日本語を教える仕事は世界中で求められています。海外で仕事をしたい人にとっては日本語教育能力検定試験は特に魅力的です。世界で共通して活用でき、重要な教師として活躍できるのでやりがいも大きいです。国によっては日本語教師が不足している現状もあるので、ボランティアやビジネスとしてでも日本語検定を活用できます。学生でも取得できる資格なので早いうちから学んでおくとより効率的に資格を取得できます。大学生や高校生でも取得でき、日本語を生かした仕事をしたい人には特に欠かせないものです。日本語教育能力検定日本語は世界の中でも比較的難しい言語とされています。このような中で、日本語教育能力検定というものが行われています。これはどのようなことなのかというと、公益財団法人日本国際教育支援協会が主催している、日本語教育を行う専門家として、そのレベルが基礎的な基準に達しているのかどうかと言うことを検定することを言います。このように基準を設けることで、日本人だけではなく、海外の人に日本語を教えるときの指標となります。講座...
オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031